掲示板検索
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 新潟大学、東北大学合同練習  高橋洋太  2018年9月13日(木) 22:14
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、日頃より大変お世話になっております。

2回生の高橋です。新潟大学、東北大学合同練習1日目の活動を報告させていただきます。


午前は東北大学に隣接するトレーニングルームでトレーナーの指導のもと、主に下半身の筋力トレーニングを行いました。スクワットによる腰回りの筋肉の強化、柔軟性の向上により、怪我をしにくい体を作ることが重要だと感じました。

午後は海上で帆走、スタート練習、コース練習を行いました。風は3〜4m/s、少々うねりのある海面でした。帆走ではうねりに対してのハンドリングで下りすぎ、上りすぎがあり、まだまだだと感じました。コース練習では東北大学とレースを意識して走ることができ良い経験となりました。今後の関屋での課題点を各々が見つけることができたと感じております。


新潟大学学友会ヨット部2回生
高橋洋太

 8/29〜9/2の活動について  高橋英晃  2018年9月4日(火) 22:54
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、日頃より大変お世話になっております。
2回生の高橋英晃です。8/29〜9/2の活動について報告させていただきます。

8/29は3〜5mほどの風速でアビーム回航でのハンドリング練習と上下のラウンディングを行いました。一年生も上級生もまだまだ動作の後のスピードの回復まで時間がかかる点や回航が課題だと思いました。

8/30は午前は海、午後は陸での活動になりました。
午前中は雷や大雨などの天候の変化に対する配艇の変更や着艇判断がまだ甘いという反省があがったので今回の原因をしっかり考えて今後に生かそうと思います。
午後は陸でクラスごとに整備を行いました。上級生が少ない中での整備でしたが、一年生は初めてのまとまった整備の時間だったので色々なことを知れたと思います。

9/1は1日を通して天候が悪いため陸での活動になりました。午前中は部室と艇庫に別れて整理をしました。部室では主にボックスとロープ類の整理をし、艇庫では普段掃除出来ないようなセール置場の掃除やマリンシューズなどの片付けを行いました。
午後はこれまであったヒヤリハットが再び起きたり同じようなことが起きないためにヒヤリハットの確認作業をしました。そのあとには各クラスごとに市長杯に向けた船作りを行いました。

9/2は1日警報が出続けていたので陸での活動になりました。陸では市長杯に向けてセールを上げて最終チェックや、タイヤの修理などを行いました。海ではOBの鈴木様と與齋様が練習を行っていたので練習風景を見学させていただき、夜に動画を見て自分たちと何が違うのかを話合いました。

9/2は秋の市長杯が開催されました。1日を通して北よりの5〜6mの風速であまり波も立たずとてもレースがしやすいコンディションでした。今回のレースでは多くのOBさんに出ていただき現役は何が足りないかかわかったと思います。また、多くの一年生が今回のレースが初めてのレースだったので雰囲気などが分かったと思います。これからの練習ではレースを意識しながら今回の反省を潰していこうと思います。

また、今クールの活動には細井様、冨樫様、北様、服部様、市村様、鈴木様、與齋様、渋谷様、田村様、佐藤駿様、岩渕様、渡辺様、小林拓雅様、小林彰美様、佐藤育人様、成山様、丸山様、横山様、石黒様、井川様、大滝様、大堀様、多くのOB,OG並びに関係者の方に活動を見ていただきました。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

新潟大学学友会ヨット部
2回生 高橋英晃

 全日本学生ヨット個人選手権大会 艇輸送日  樋田 熙  2018年8月28日(火) 20:26
修正

OB・OG並びに関係者の皆様、日頃より大変お世話になっております。
3回生の樋田です。
この度、8月31日から若洲ヨット訓練所で行われます全日本学生ヨット個選手権に出場するため東京都江東区に来ております。
参加者は、4回生の松林、3回生の樋田、2回生の岩井、1回生の金澤です。
今年度は、東北学生ヨット個人選手権で2年ぶりにスナイプ級で1枠全日本学生ヨット個人選手権の参加資格を得ることができました。東北インカレでの悔しさをぶつけるには最高の舞台なので、自分が出せる力をしっかり発揮したいと思っています。
また本日、新潟を出発し無事スナイプ1艇の艇輸送を終えることができました。

以下、今後の予定と配艇です。

《予定》
8/29 10:00〜16:00受付・計測 海上練習
8/30 13:00〜 プラクティスレース
8/31 大会 1日目
9/1 大会 2日目
9/2 大会 3日目
9/3 艇輸送
最大8レースを予定しております。

《配艇》
28253 sk樋田 熙 cr松林 華子

明日は、午前に計測を終えたあと海上で練習を行う予定です。
新潟大学学友会ヨット部の代表として精一杯精進してまいります。
応援の程、よろしくお願いします。

新潟大学学友会ヨット部 3回生
樋田 熙




 全日本学生ヨット個人選手権大会 受付・計測  金澤奈津希  2018年8月31日(金) 20:20 修正
OB,OG並びに関係者の皆様いつもお世話になっております。一回生の金澤奈津希です。

今日は午前は受付を行いました。加えて、レース中の強風を想定したチューニングを取りました。

午後は、セールと艇体の計測を行いました。

私は今回初めて、東北水域以外の船を見る大会です。各水域を勝ち抜いてきた選手や船を間近に見る体験が出来るので、自分たちの練習に生かせる部分を吸収していきます。

明日の午前は練習をし、午後はプラクティスレースをする予定です。レース海面の状況を把握しようと思います。

また、今日は横山様に来ていただきました。お忙しい中ご足労いただきありがとうございました。

最後になりましたが、OB・OGまた関係者の皆様、応援の程、よろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部
一回生 金澤奈津希

 全日本学生ヨット個人選手権大会 練習日  岩井耀士  2018年8月31日(金) 20:22 修正
OB・OG並びに関係者の皆様、平素より大変お世話になっております。
2回生の岩井耀士です。

本日は午前にレース海面での練習、午後はブリーフィングの後プラクティスレースを行いました。

海面状況は、風は南西方面から6〜7m/sを基本として瞬間的に10m/s越えの風が入り、川の流れや波に大きな影響を受けた難しい海面となりました。
練習内容としては、他大学との帆走を行いました。
レース前の最終調整としてとても良い練習ができたと感じています。

午後のプラクティスレースでは運営を置いて明日に控える実際のレース通り行いました。
55艇近くで行うビックフリートなレースを体感し、明日へのシュミレーションを行う事ができたと思います。また、明日の海面は本日と似たものだと予想されるので良い経験値を積めたと感じます。

いよいよ明日からレースが始まります。
今まで練習で培ってきたものを最大限に出し切っていきたいと思います。
応援の程宜しくお願い致します。

新潟大学学友会ヨット部
2回生 岩井 耀士

 全日本学生ヨット個人選手権大会 1日目  松林華子  2018年8月31日(金) 20:31 修正
OB・OG並びに関係者の皆様、平素より大変お世話になっております。
4回生の松林華子です。

本日は全日本個選1日目であり、3レースを消化しました。

結果は以下の通りです。
【国際スナイプ級】
新潟大学 28253
1レース目 43位/54艇
2レース目 49位/54艇
3レース目 42位/52艇

2人とも初めてのビックフリートであり、多くの艇数の中でのスタートは毎回出遅れてしまいました。
スタートからミスをしてしまった時には、切り替えの早さがその後の展開に大きく影響するということを、3レースを通して実感しました。

また、コンディションは10m前後の風と周期の短い少し高めの波が風上から来るというものでした。
上りは、波に叩かれたり、バウを振られたりして順位を落としてしまうことが極力無いように意識して走りました。
下りは、角度を波に合わせれば長い時間乗れるような波であったため、乗せることを重点的に行いました。

関屋では出られないようなコンディションでレースを出来たことはとても良い経験になりました。
明日の2日目は今日とは違うコンディションのようなので、セッティングなども意識しつつ、今日の反省を活かせる部分は活かし、より良い順位が取れるように励みます。

応援のほどよろしくお願いします。

新潟大学学友会ヨット部
4回生 松林華子

 全日本学生ヨット個人選手権大会 2日目  樋田 熙  2018年9月1日(土) 23:10 修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつも大変お世話になっております。
3回生の樋田です。
本日は、全日個選2日目で、3レースを消化しました。
結果は、以下の通りです。

新潟大学 28253
4レース目 49位
5レース目 42位
6レース目 40位

本日の海上の様子は、風はアベレージで5〜6m/s、Maxで7m/sほど入り、周期の短い細かい波がある海面でした。昨日の反省を生かして、レースに挑みましたが、順位は昨日とあまり変わりませんでした。

原因は、スタートで艇数の多い中で第一線で出られないこと。また、最後のリーチングレグでポジションが悪く抜かれてしまうことがあげられます。
ただ、クローズでのボートスピードは他の大学とさほど変わらなかったり、あと少しで強豪校に勝てるレースなどもありました。

明日は全日個選最終日です。今日の反省を生かし、悔いのないように最後まで全力でレースに挑みたいと思います。
応援のほど、よろしくお願いします。

また本日は、中島様が応援に来てくださり、また、中島様、内田様、中野様、有吉様、松井様にお食事をご馳走して頂きました。本当にありがとうございました。

明日も応援のほどよろしくお願い致します。

新潟大学学友会ヨット部
3回生 樋田 熙

 全日本学生ヨット個人選手権大会  松林華子  2018年9月3日(月) 6:59 修正
OB・OG並びに各関係者の皆様、平素より大変お世話になっております。
4回生の松林華子です。

本日は大会最終日で2レース行いました。
海面状況は昨日、一昨日とは打って変わり、3〜4m/sの北風で、波も落ち着いていました。
また、ブローとラルがとてもはっきりしていたためブローをいかに使うことができたか、そして川の流れを意識したコースを走れたかの2点が今日のポイントだと感じました。

本日をもって全日本学生ヨット個人選手権大会全日程を終了いたしました。
最終結果の写真を載せますのでそちらをご覧ください。

計8レースを通して、全55艇中、48位と満足とは言えない結果となり、本大会までにご指導、ご声援いただいた多くの方々には本当に申し訳ないです。

しかし、私たちの今出せるベストを尽くしたと思っております。その中でのこの順位をしっかりと受け止め、2人で反省し、次に控える女子インカレや今後の部活動に活かして参ります。

私自身、これまでビックフリートに出場したことが無く、初めてのことばかりでした。4年目にして、今回のような大会に参加できたことはとても良い経験となりました。そして改めてヨットの楽しさ、面白さに気づくことができました。

樋田も初めてのビックフリート、そして様々なコンディションの中でのレースを通し、得るものが多くありました。主将、またチームリーダーとして本大会でのことをしっかり部に還元し、来年度こそは個人だけではなく団体で、全国の舞台で戦って欲しいと思っております。

長くなりましたが、これまでご指導、ご声援頂いた山形県連の冨樫様、OB・OGの方々、新潟県連の皆様、各ヨット関係者の皆様には心より感謝しております。
また、本日は中島様、有吉様、松井様が応援に来てくださいました。本当にありがとうございました。

今後とも変わらぬご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

新潟大学学友会ヨット部
4回生 松林華子

 8月22日から26日の活動について  稲葉省吾  2018年8月29日(水) 0:10
修正
OB,OG並びに関係者の皆様いつもお世話になっております。新潟大学学友会ヨット部2回生の稲葉省吾です。8月22日から26日の活動について報告させていただきます。

22日は代替わりミーティングや学年ミーティングなどを行いました。代替わりミーティングでは代71代の幹部の発表や各幹部の意気込みまた各係の引き継ぎを行いました。代71代の方針を全体で共有することが出来また引き継ぎも上手く出来たので、新体制でもすぐに部が円滑に進むようにして行きたいと思います。

23日は代替わり後初の海上練習でした。風速は2〜3mでサークリングや8の字アビーム周りなどハンドリングを中心とした練習を行いました。オフ期間があった分最初は一つ一つの動作、回航で上手くいかないこともありましたが、徐々に納得できる部分も出てきたので良い練習になったのではないかと思います。

24日は午前中は台風の予報と実際の会場の様子から出艇は見送りトラブルシューティングを行いました。様々なトラブルの対処方法を考え共有することが出来、安全について考える良い機会になりました。今後そのようなトラブルが起こっても素早い対応ができるのではないかと思います。
午後は風が落ち吹き上がらないとの予報だったので両クラス出艇してミドルの上下ラウンディングを行いました。途中風がほぼなくなりロッキングの練習も行いました。上級生は1回1回の動作でしっかり加速させられるようにしていかなければならないと感じました。また1年生はまだランドヨットで学べる部分があると思うので、もっと陸で知識を高めて海上で効率的な練習を行えるようにして行きたいと思いました。

25日の風速は4mから徐々に6m程まで上がっていき入るときは7m以上が入りそこまで波のない海面南西からの風でした。今回もミドルの上下ラウンディングで動作を中心とした練習を行いました。今までの微風と違う動作をすることが出来、一人一人この風域での課題が見つかったと思うのでそれを少しづつでもいいので潰していきたいと思います。

26日は最初は4702艇、スナイプ3艇で出艇しました。南西で5mほど吹く中で動作を中心とした練習を行いました。昨日と同じぐらいの風だったので昨日の反省を生かした動作ができ上手く行くようになった部分も出てきたのではないかと思います。途中風が吹き上がり一度全艇着艇して4701艇、スナイプ1艇で再び出艇しました。オーバーパワーでの動作を多くすることが出来得るものも多かったと思います。
午後は4702艇、スナイプ2艇で出艇し午前同様動作練習を行いました。1年生スキッパーも少しづつ船を操ることができるようになってきていて今クールの成果が出ていたのではないかと思います。それでもたくさんの課題が見つかったと思うので来クールでそれを改善するために陸で知識を得たりしていきたいと思います。

また今クールの活動には、鈴木智之様、佐藤駿様、佐々木様、横山様、柏倉様に活動を見ていただきました。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

新潟大学学友会ヨット部
2回生 稲葉省吾

 主将就任挨拶  樋田 熙  2018年8月23日(木) 21:10
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、日頃より大変お世話になっております。
この度、第71代主将に就任させていただきました、3回生の樋田 熙です。

先日開催された東北インカレでの敗退をもちまして、代替わりを行いましたので、ご挨拶させて頂きます。
今年の東北インカレでは敗退はしたものの、収穫の多い大会でもありました。個人で総合1位を取った者もいれば、未経験者の1年生ペアが想定をはるかに超える素晴らしいレースをしたことなどがあげられます。
しかし、それでも勝てなかったのは、普段通りの走りができない調子の悪い艇が気持ちの面で負けてしまってたり、立て直す力がなかったりしたことがあげられます。
来年こそは必ず勝つために、前の代の良かったことは引き継ぎ、悪かったことは改善していこうと思っております。
ヨットの技術向上・安全に気をつけることはもちろんですが、まずは普段の生活面から人としてできなければいけないこと、特に挨拶・返事・時間厳守・整理整頓の4つは徹底していこうと思っております。
また、これまで多くのOB・OGまた関係者の皆様にお世話になりました。本当にありがとうございました。そして、これからも皆様の力をお借りしたいと思っております。そのためにも、たくさんの人に応援して頂ける部活になります。
部員一同、目標に向かって一生懸命精進してまいります。これからも、ご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願いします。
新潟大学学友会ヨット部
第71代主将 樋田 熙

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  過去ログ全 100件 [管理]
CGI-design