掲示板検索
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 東北学生ヨット選手権大会2日目  鈴木大地  2018年8月13日(月) 0:25
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつも大変お世話になっております。
2回生の鈴木大地です。

本日は東北インカレ2日目でした。
大会が終了したため最終結果を報告いたします。

【国際470級】
東北大学 106点
東北学院大学 78点
新潟大学 180点
【国際スナイプ級】
東北大学 72点
新潟大学 98点

各レースの詳細なリザルトはTwitterを是非ご覧ください。

本日は風速は平均3〜4m/s、レースが進むたびに5、6m/sほどに上がっていき、それに伴って細かい波が増えてゆく中風でのレースとなりました。

クローズでは風の変化とともにセッティングや走らせ方を合わせ、スピードを保ちながら波とうねりをいかに超えていくかが重要なコンディションでした。
またランニングにおいてはO旗があがっていたために、波とうねりがある中で波の判断をいち早く行い、パンピングによる波乗りをつかいこなすことができた艇から前を走ることが出来ました。


本日のレースの結果として、今年度の東北インカレは敗退となりました。
皆様のご期待に添えず、申し訳ありません。

しかし今回の大会では1、2年生が多く参加することができ、下級生ながらもこの大会に参加できたことが各個人個人へ大きな成長へとつながったと感じます。この成長を反芻しつつ今年度の反省と悔しさを胸にこれからの日々の練習につなげていきたいと思っております。

また、本日もレース運営にOBの内田様、佐藤育人様、有吉様、井川様、稲葉様、大滝様、大堀様、石黒様、応援には、中島様、佐藤駿様、笹木様、丸山様、篠原様、中野様、佐藤瑞貴様、木下様、松井様、星様、サポートボートに横山様、山形県連の冨樫様に来ていただきました。本当ありがとうございました。

今大会の2日間に沢山のOB、OGの方々のご支援、ご声援をいただきました。心からの感謝を申し上げます。

今後とも新潟大学ヨット部をよろしくお願い申し上げます。

新潟大学学友会ヨット部2回生
鈴木大地

 東北学生ヨット選手権大会1日目  高橋洋太  2018年8月11日(土) 23:08
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております2回生の高橋です。

東北学生ヨット選手権1日目の活動を報告させていただきます。

本日は、3〜4、体感ブローで5が入るくらいの風域で、うねりと少々の波を伴う難しい海面でした。

リザルトは上記画像をご参照下さい。

470もスナイプも今日のレースの問題点を明日までに修正し、全国へコマを進めるよう精進いたします。


また本日は岡部様、冨樫様、佐藤駿様、笹木様、内田様、横山様、丸山様、佐藤育人様、井川様、大滝様、大堀様、有吉様、稲葉様、佐藤瑞貴様、中野様、石黒様、古川様に来ていただきました。ありがとうございました。
今後とも御指導、御鞭撻の程よろしくおねがいいたします。
新潟大学ヨット部2回生高橋洋太



 7月第3週の活動について  樋田 熙  2018年7月21日(土) 23:06
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
3回生の樋田 熙です。
7月第3週の活動についてご報告させていただきます
7月第3週は迫る期末テストの試験勉強のことを考慮し、土曜日だけの活動となりました。
海上は、南西の風が3m/s〜6m/sが安定して吹き、潮が20秒で3艇身ほどある強い潮でした。練習内容は、3月の練習からずっと続けてきたハンドリング練習を行いました。潮がかなり強い少し変わった条件ではありましたが、今までの練習で身につけた技術を出し切れたところや、またまだまだ足りないところも見つけられたと思います。
今日の練習で、事前合宿前の関屋での活動がラストとなりました。全日インカレ出場を目指して、部員一同切磋琢磨して精進していきます。
最後になりましたが、OB・OGまた関係者の皆様、これからもご指導ご鞭撻よろしくお願いします。

新潟大学学友会ヨット部
3回生 樋田 熙

 7月第2週の活動について  沼田雄也  2018年7月17日(火) 17:23
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
3回生の沼田雄也です。

7月第2週の活動についてご報告させていただきます。

連日、南西の風で微風~順風域の安定した風が吹き、スナイプ、470ともに帆走、ラウンドを中心に練習を行いました。
1つ1つの動作の甘さや意識の不行き届きが目に付きました。走りやすい風域では特に1回のタック、ジャイブの失敗が前を走られることに大きく影響してきます。ボートスピードの追求ももちろんですが、如何に1つ1つの動作による減速を減らしコースを回るかにもっと意識を向けなければならないと感じました。

最終日には短いコース練習も行い、他艇に対するポジショニングの良い練習となりました。他艇にカバーされた時や逆にカバーする時などの判断がまだまだ未熟であると感じました。東北インカレまで残りの練習回数は少ないですが判断の精度、早さともに少しでも高いレベルに持っていきたいと思います。


この3日間は最高気温が30℃を越え、関屋浜が海水浴客で賑わってきたことで夏が来たことを実感しました。いつも以上に健康、安全に気をつけ活動していきたいと思います。

第2週の練習には冨樫様、佐藤駿様、横山様、佐藤育人様、大滝様、大堀様に参加していただきました。また、部室には成山様、丸山様が来てくださいました。お忙しい中ありがとうございました。今後ともご指導ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部
3回生 沼田雄也

 7/7の活動、OB戦について  石山舞花  2018年7月10日(火) 1:15
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。三回生の石山舞花です。7/7,8の活動を報告します。

7日は、午前は470は帆走、スナイプは湾内で練習しました。午後はスタート練習、コース練習を行いました。うねりが大きく、波のトップとアンダーで風が違うため船のバランスを保つのが難しい海面であったと思います。また、たくさんのOBの方々にヨットに乗って頂き、良い練習となりました。

8日は新潟市長杯と合同という形でOB戦が行われ、2〜4m/s程度の風の中、全4レースを消化しました。新潟大学ヨット部からはスナイプ級7艇、470級7艇が参加しました。結果は以下の通りです。

30927 江口柊平 成山義人 9点

211903 武田和夫 17点

28337 島田高志 中島浩世 17点

走りやすい海面であったため、艇団が密集しており1つ1つの動作や自艇のポジショニング等の少しのミスで差がついてしまうということを痛感しました。タクティクス面でOBチームに遅れをとってしまうことが多いとも感じました。

東北インカレまで練習の回数が残り数回となりました。今レースで出た課題をつぶし、やり残したことなく本番当日を迎えられるよう精進してまいります。

また、新潟市セーリング連盟、新潟県セーリング連盟の皆様には運営等大変お世話になりました。この場を借りて御礼申し上げます。

今週は鈴木様、島田様、澁谷様、中島様、佐藤駿様、内田様、横山様、丸山様、有吉様、井川様、大堀様を始め、県内・県外問わず多くのOB・OGの皆様にお越しいただきました。また、宇津木様、中野様、小澤様、木下様からは差し入れを頂きました。この場を借りて御礼申し上げます。今後ともご指導・ご鞭撻のほどよろしくお願い致します。

新潟大学学友会ヨット部
3回生 石山舞花

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  過去ログ全 100件 [管理]
CGI-design