掲示板検索
名前
題名

内容
画像1
画像2
画像3
画像4
修正キー (英数8文字以内)

 副将就任挨拶  江口 柊平  2017年9月29日(金) 22:33
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、日頃より大変お世話になっております。

本日行われた代替わりをもちまして、第70代副将に就任させていただきました、3回生の江口柊平です。

先日開催された東北インカレでは、今年も全日本インカレへの切符を手にすることは叶いませんでした。初めてレースメンバーとして参加した東北インカレ、個人の至らなさはもちろん、新潟大学ヨット部のチームとしての至らなさを痛感しました。

そのため、これまでの代の良いところは受け継ぎ、改善できることは些細な所からでも変えていけるよう努めてまいります。
また、主将とは違った視点から部全体を見まわし、声を掛けていくことが私の役割だと考えております。これは、主将と副将に最上級生をおいたこの代だからこそできることだと確信しております。

至らない点も多くありますが、精一杯やり遂げていく所存です。

長くなりましたが、以上を副将就任挨拶としたいと思います。OB・OG並びに関係者の皆様、これからもご指導ご鞭撻の程、よろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部
第70代副将 江口柊平

 主将就任挨拶  島影 樹  2017年9月29日(金) 21:53
修正
OB、OG並びに関係者の皆様、平素より大変お世話になっております。

本日行われました代替わりにおきまして、この度第70代主将に就任いたしました3回生の島影樹です。

この1年間、副将という立場で「現状を変える」を目標とし、このヨット部で活動してまいりました。結果として東北インカレ敗退となってしまった以上、現状を変えることができなかったと考えております。

全日本インカレに出場するためには、今までの練習や運営を見直すことが必要です。その上で新潟大学学友会ヨット部という1つチームとしてレースに臨むことが求められます。

ただ何かを変えるのではなく、何を変えるべきなのかを今一度このチームで考え、変えるべきものは大きく変え、残すものは残すといったメリハリのある行動をすることで、必ず現状を変え今後に繋げていきます。

私たちの代は、例年に比べ部員の人数が少ない代となっています。人数が少ない分デメリットもあるかと思われますが、人数が少ないからこそ得られるメリットもあるかと思います。そのメリットを生かし、この代にしかできないことに取り組んでまいります。

明日からまた新たな代として活動を行ってまいりますが、東北インカレまでの時間は限られています。全日本インカレに出場を目指し、初日からこの代の色が感じられるように活動してまいります。

私たちにはまだまだ至らない点も多く、OB・OGの皆様をはじめ関係者の皆様にはご迷惑おかけすることもあるかと思われますが、技術や運営面など様々な面からのご指導ご鞭撻の程、これからもよろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部
第70代主将 島影樹

 関係者の皆様へ  有吉淳弥  2017年9月29日(金) 20:20
修正
関係者の皆様

日頃より大変お世話になっております。四回生の有吉淳弥です。

この度9月23、24日に行われました東北インカレでの敗退、及び本日行いましたミーティングをもちまして、四年生は引退となり代替わりいたしましたので皆様にご挨拶をさせていただきます。

まず初めに、私たち四年生をここまで応援してくださいまして本当にありがとうございます。ここまで私たちがセーリングに集中して活動を続けてこれたことはひとえにOB・OGの皆様のみならず、多くの関係者の方々のサポートによってだと感謝しております。

ただ率直に今の気持ちを申し上げると本当に悔しいです。
私がこれまでの四年間本気で目指した全日本インカレ出場の夢は叶わず、未だに心にはぽっかりと穴が開いたようで体の内側からむずがゆくなるような感覚に苛まれます。
本当に私にとってヨット部で全国を目指すことはこの四年間の最大の目標であり、私自身を動かす原動力でした。
そのため最近まであった焦燥感や不安感、期待感や自信といった大きな感情の喪失とともに私の世界は少し色あせてしまったように感じています。

思い返せばヨット部では本当に多くの経験をさせていただき、その分多くの苦悩と喜びを味わいました。特に主将として過ごした最後の一年、中でも4月から9月の半年間は寝ても覚めてもヨットが頭から離れなかったように思います。

昨年度、東北インカレでの大敗を経て、私たち69代学友会ヨット部へとバトンが引き継がれました。私たちの目標は両クラス全日本インカレ出場。昨年先輩方が見せてくださった走りに私は希望を抱いていました。
「今年こそは勝たなければならない。」
その思いから私が一年間目指そうと決めたのは、部員一人一人が目指すチーム像を共有し、チームがバラバラにならず情熱を同じ方向に傾け続けることでした。

しかし自分に課したこの役割がそう簡単なものではないことは言うまでもありませんでした。
いつでも練習を組んでくれる指導者いるわけではないこの部では、チーム状況を判断し、練習すべきことを定めて部の軌道修正を行っていくのは最高学年である四年生の責務でした。
最初は本当に毎日が暗中模索で、仲間やコーチと話し合ってはいても、いま自分たちの進む先が目指す目標へと向かってはおらず部全体にとんでもない回り道をさせてしまっているのではないかという不安を拭い去ることができませんでした。
しかし春を迎え、まだまだ結果は伴わないながらも確実に練習が実を結びつつあること身をもって体感し、このままの勢いを維持していけば絶対に勝てると感じました。
そこから試行錯誤と挑戦を繰り返し、その先のチーム像を思い描いてひた走ったその時、私は間違いなく四年間で一番必死で、一番心をすり減らし、一番楽しかったと断言できます。

とは言っても、辛い時間ばかりだったのも確かです。上手くならない自分も、結果を残せないことも、状況に焦りを感じ、後輩のみんなには厳しいことを求めたこともありました。
それでもみんなはその苦しさの先に目指すものがあることを理解してくれて、不甲斐ない自分を最後まで支えてくれました。

勝利という結果で全ての人へ恩返しをすることできませんでしたが、一緒に頑張っていけると信じさせてくれた同期や後輩、更にはそれを後押ししてくださる多くのOB・OGの皆様、関係者の皆様、そしてすべてを支えてくれた家族に心から感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

新潟大学学友会ヨット部は、真剣に自分と向き合い、成長することができる環境です。
後輩のみんなはこれから目指す先が困難な道だろうと、自分たちの立てた目標を何としてでも達成できるようにお互いを導き、高め合っていってほしいです。
これから私たち四年生は部の一線から退くことにはなりますが、これまでこの部から得てきたものを最大限後輩へと受け継いで参ります。
また、OB・OGの皆様や多くの関係者の皆様から受けた多大なる御恩を、別の形としてしっかり後輩へと還元して参ります。皆様におかれましても、どうかこれまでと変わらぬご指導、ご鞭撻賜りますようよろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部
第69代主将 有吉淳弥

 東北学生ヨット選手権大会  坂本加奈  2017年9月12日(火) 20:00
修正
OB,OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
今年度の東北インカレの幹事を務めます3回生の坂本です。

今年度の東北インカレとそれに伴う前入り合宿の日程が決定しましたのでご報告いたします。

9/14 移動日
9/15-22 前入り合宿
9/23-24 東北インカレ(宮城県 七ヶ浜)
9/25 移動日

また、宿泊場所は以下の通りとなります。

9/14-20 宮城県第二総合運動場(〒982-0844 宮城県仙台市太白区根岸町15-1)
9/21-24 旅館 麻屋(〒985-0812 宮城県宮城郡七ヶ浜町松ケ浜宇西原47-2)

お忙しいとは思いますが、多くの関係者の皆様が七ヶ浜にお越しくださることを心よりお待ちしております。

両クラス全日インカレ出場を目標として練習を積んできた今シーズンの成果を出すことができるよう、部員一同最後まで努力を惜しまず、全力を出し切りたいと思います。
応援のほどよろしくお願いいたします。


新潟大学学友会ヨット部3年
坂本 加奈

 東北学生ヨット選手権 艇輸送  樋田 熙  2017年9月14日(木) 18:19 修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
2回生の樋田です。
昨日船積みを行い、本日は七ヶ浜に移動し船降ろしを行いました。道中何事もなく、無事に終えることができました。
そして、明日からの海上練習に備え、船のセッティング、最終チェックを行うことができ、部活全体での意識は高まっております。インカレ予選を突破するために、充実した良い練習にできるように精進致します。
お忙しいとは思いますが、多くのOB・OGそして関係者の皆様が七ヶ浜に応援に来て頂けることを心よりお待ちしております。

新潟大学学友会ヨット部2回生
樋田 熙

 東北学生ヨット選手権大会 前入り合宿1日目  江口 柊平  2017年9月16日(土) 4:09 修正
OB,OG並びに関係者の皆様、平素よりお世話になっております。
3回生の江口です。

本日の活動について連絡させていただきます。
前線、台風の影響により北西から6〜10m/s.overの風が吹いており、午前は両クラス共に艇のチェック、海面の調査のための帆走を行いました。七ヶ浜の地形特有のブローや波の立ち方などデータ化してまとめなければならないことが多そうです。また、今年で初の七ヶ浜練習、関屋でやってきたことをどれだけこちらでも再現できるかがいかに重要なのかを感じる練習となりました。午後はスナイプは明日の計測に向けた準備、470は朱鷺で海面調査を行いました。まずは明日の計測を無事通過し、予選突破につなげたいと思います。
お忙しいとは思いますが、多くのOB,OG並びに関係者の皆様が七ヶ浜に応援に来ていただけるのを心よりお待ちしております。

新潟大学学友会ヨット部 3回生
江口 柊平

 東北学生ヨット選手権大会 前入り合宿2日目  沼田雄也  2017年9月16日(土) 22:21 修正
OB,OG並びに関係者の皆様、平素よりお世話になっております。
2回生の沼田です。

本日の活動についてご報告させていただきます。
本日は東北大学艇庫にて計測を行いました。両クラス共に大きな問題もなく計測を終えることができました。
その後海上で順風域でうねりの中での帆走、スタート練習、コース練習を行いました。コース練習では細かい風の振れに対応できていた船が前に出ることが多かったです。
両クラス共にスタートのラインが低いということが多々ありました。スタートラインとの距離、自艇のボートスピードを正確に把握しジャストのスタートがきれるよう努力してまいります。

また東北大学学友会ヨット部、東北学院大学体育会ヨット部と合同でもスタート練習、コース練習を行いました。大会一週間前のこのタイミングでの合同練習はレースメンバーにとってよい刺激となり、課題を発見することができました。自分たちだけでのスタートに比べ他大学との合同でのスタート練習ではラインにつけるのが比較的遅くなってしまいました。本番まで短い期間ではありますがこういった課題を克服し、万全の状態でレース当日を迎えたいと思います。

最後になりましたが、本日は山形県連の冨樫様に活動に参加していただきました。お忙しい中ありがとうございました。

レース本番まで一週間を切りました。部員一同より一層気を引き締め練習に励んで参ります。
今後ともご指導・ご鞭撻の方よろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部 2回生
沼田雄也


 東北学生ヨット選手権大会 前入り合宿3日目  坂本加奈  2017年9月17日(日) 20:26 修正
OB、OGならびに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
3回生の坂本です。

本日の活動についてご報告させていただきます。
本日は台風18号の影響で朝から風が強く、時間の経過とともにさらに風が上がることが予想されたため、安全を考え出艇をとりやめ、陸での活動を行いました。
各チームで船を磨くなどして船の状態を万全なものにしたり、動画を見てイメージすることでモチベーションを高めたりと、陸での時間を有意義に過ごすことができました。

本日は昨日に引き続き篠原様、山形県連の冨樫様に練習に参加していただきました。また、OGの笹木様、横田様も応援に来てくださり、部員としても本当に励みになりました。お忙しい中ありがとうございました。

インカレ前の残り少ない期間、海だけでなく陸での時間も有効に使って、後悔のない万全の状態でレースに挑めるよう部員一同精進して参ります。

今後ともご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部3回生
坂本加奈

 東北学生ヨット選手権大会 前入り合宿4日目  石山舞花  2017年9月18日(月) 22:55 修正
OB,OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
2回生の石山です。

本日は台風18号の影響で海も荒れていたため、全体での活動は中止となりました。そのため陸での時間は各々で過ごすこととなりました。各自本番に備えたシミュレーションや、体のリフレッシュなど有意義な時間を過ごすことができました。

本番が近づく中、海に出られる時間に無駄がないよう、部員一同明日からまた気を引き締めて練習に臨もうと思っております。

今後ともご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

新潟大学学友会ヨット部2回生
石山舞花

 東北学生ヨット選手権大会 前入り合宿5日目   星優人  2017年9月19日(火) 21:30 修正
お世話になっております。
4回生の星優人です。

19日の活動報告をさせて頂きます。

今日は1日中、南から南東の風が安定して吹いていました。
また、昨日の台風による波が残っており、風の割に波が高い難しいコンディションでした。

午前は470は帆走練習、リーチング練習、スナイプ級は帆走練習を行い、各クラスボートスピードの確認をしました。

午後は両クラス合同でコース練習、スタート練習を行いました。

スタートでは本番を意識したライン作りをすることができました。


東北インカレ本番まで練習が残り3回となりました。
今年は関屋でやりたい練習、準備を全てやってくることが出来た自信があります。
そのため、七ヶ浜に来てからも緊張感を持ちながらもリラックスして過ごすことが出来ています。

この適度な緊張感を保ちながら、本番までの期間を過ごしていきたいとと思います。
応援宜しくお願い致します。

新潟大学学友会ヨット部4回生
星優人

 東北学生ヨット選手権大会 前入り合宿6日目  鈴木望夢  2017年9月20日(水) 21:16 修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
2回生の鈴木望夢です。

20日の活動を報告させて頂きます。

今日は一日安定して風が入らず、午前中ほぼ無風で潮の影響の強いコンデョンであり、午後は南東から4〜5mの風が吹き午前同様に潮の強いコンデイョンの中で練習を行いました。

午前中はほぼ風が無かったため470級とスナイプ級一艇ずつ出艇し、二艇でラウンドを行いました。陸に残った部員は各々船の整備を行いました。

午後は風が吹いてきたため、両クラスでセール合わせのために2本ほど帆走を行いました。

今日はボートスピードを如何に出すかが課題となりました。
このため、ジブやメイントリム、ヒールバランスなど細かいことができている艇がボートスピードを出せていたと思います。

東北インカレ本番まで練習が残り2回となりました。
この残り少ない練習を充実したものとし、悔いの残らないように部員一同励んでいきたいと思います。

今後ともご指導、ご鞭撻の程よろしくお願い致します。

新潟大学ヨット部
2回生 鈴木望夢

 東北学生ヨット選手権大会 前入り合宿7日目  片山知美  2017年9月21日(木) 20:21 修正
OB・OG並びに関係者の皆様、平素より大変お世話になっております。
2回生の片山です。

本日は朝、各艇で船の最終チェックを行いました。明後日の本番に向け、不備がないようしっかりと確認できました。
その後は快晴でしたが風が最大で11メートル入り、安全面と大会間際ということも考慮し出艇を取りやめ、陸での活動を行いました。練習動画を見たり、他大学にお話を伺ったりとモチベーションを保ちつつ実のある時間を過ごせたと思います。

明日が東北インカレ予選前最後の練習となります。最後まで気を引き締め、有意義な練習にしていきたいと思います。
これから変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部2回生
片山知美

 東北学生ヨット選手権大会 前入り合宿8日目  土田みか  2017年9月22日(金) 22:33 修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
3回生の土田みかです。

本日は午後から計測受付・開会式ということで、午前中だけの練習となりました。出艇時は3m/s程の風が吹いていましたが、徐々に風が落ちてきたため早めに着艇し、レースに備え最終チェックをしました。

開会式が行われ、選手たちの士気も十分に高まっています。明日から始まるレースでは良い結果が残せるよう、これまでの練習の成果を十分に発揮し悔いのない走りをしたいと思います。

また、本日は山形県連の冨樫様が宿にいらして、激励の言葉をいただきました。
これからも変わらぬご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部3回生
土田みか

 東北学生ヨット選手権大会 1日目  松林 華子  2017年9月23日(土) 21:31 修正
OB、OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
3回生の松林華子です。

本日は東北インカレ1日目でした。
予報が外れ、朝から風があまり吹かなかったため午前は陸待機となり、午後に風速2m/s前後の中、1レースのみ行いました。

本日出場したメンバーは以下の通りです。
【国際470級】
4425 星、小澤
4389 有吉、佐藤
3834 中野、稲葉り

【国際スナイプ級】
30927 井川、松林
28253 江口、樋田
29707 大滝、松井

暫定結果は以下の通りです。
【国際470級】
東北学院大学 13点
東北大学   14点
新潟大学   18点
【国際スナイプ級】
東北大学   10点
新潟大学   11点

本日は1日を通して風が弱く、潮や波の影響を受けやすい海面でした。
その中で、スタートでの位置取りやスピードがレースにおいて、順位を決定づける重要なポイントになりました。
明日も予報では風が弱いため、本日の課題をしっかり見直してレースに臨みたいと思います。
明日で全ての結果が決まりますが、目標を達成するために最後まで全力を尽くしますので、応援の程よろしくお願いいたします。

また、本日レース運営にOBの佐藤育人様、成山様、丸山様、横山様、そして応援には、内田様、久保田様、笹木様、帆苅様、小出様、小林彰美様、篠原様、さらにサポートボートに山形県連の冨樫様に来ていただきました。ありがとうございました。

これからもご指導、ご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

新潟大学学友会ヨット部3回生
松林華子

 東北学生ヨット選手権大会 2日目  島影 樹  2017年9月24日(日) 20:39 修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつも大変お世話になっております。
3回生の島影です。

本日は東北インカレ2日目でした。
風向は140〜180度、風速は平均約2〜3m/s、ブローで最大5〜6m/sの強さがあり、かつ大きなうねりのある海面でレース行いました。

最終結果は以下の通りです。
【国際470級】
東北大学 55点
東北学院大学 68点
新潟大学 106点
【国際スナイプ級】
東北大学 39点
新潟大学 46点

各レースの詳細なリザルトはTwitterを是非ご覧ください。

本日は、大きなうねりの中どのようにスタートし走らせたかによって差がでたレースとなりました。

スタートでの位置取りでは、風の弱さのため、相手艇のブランケットを避け、フルスピードで出ることがポイントでした。また、昨日よりスタートラインの長さが短かったこともあり、空いているスペースに素早く入り自艇のスペースを維持することもポイントとなりました。

大きなうねりの中での、風の強弱や振れなどがある太平洋側特有の海面では、ボートスピードを落とさないように角度を調節し、ブローを見つけ走ることができた艇が前にでる展開となりました。

本日のレース結果より、今年度の東北インカレは敗退となりました。
皆様のご期待に添えず、申し訳ありません。

本日をもって私たちは新体制へと変わっていきます。
今回経験した悔しい思いを忘れず、基本的な練習から見直しをしていくとともに以前には行わなかった新たな取り組み等を積極的に行うことで来年、先輩方、自分達のリベンジを果たします。

また、本日もレース運営にOBの佐藤育人様、成山様、丸山様、横山様、応援には、内田様、久保田様、笹木様、帆苅様、サポートボートに山形県連の冨樫様に来ていただきました。本当ありがとうございました。

本当にたくさんのご支援、ご声援をありがとうございました。

今後とも新潟大学ヨット部をよろしくお願い申し上げます。

新潟大学学友会ヨット部3回生
島影樹

 OB総会及び懇親会のお知らせ  樋田煕  2017年9月21日(木) 21:19
修正
OB・OG並びに関係者の皆様、いつもお世話になっております。
2回生の樋田です。
すでにハガキや、お電話でお知らせした通り今年もOB総会を開催いたします。
詳細は、下記の通りです。

日時:平成29年 10月15日(日)
OB総会 13時〜
場所:新潟市立中央図書館 (ほんぽーと)
新潟県新潟市中央区明石2-1-10
連絡先:025-246-7700

懇親会 18時〜
場所:赤たぬき 弁天町店
新潟県新潟市中央区弁天1-4-23
連絡先:025-244-6988
会費:5000円

またご不明な点などありましたら、OB総会の幹事である樋田までご連絡ください。

皆様の、ご参加を心よりお待ちしております。

新潟大学学友会ヨット部 2回生
樋田 熙 (080-5034-3802)

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  過去ログ全 100件 [管理]
CGI-design